本文へスキップ

各種キャンパスグッズ・印刷物企画・編集・デザイン制作


 信州・安曇野在住のYONEさんから届いた、
 四季折々の写真


第1回 あがりこサワラ(2012.11)

YONEさんから

「今度の写真はあがりこさわらだから」と言われたときには、

「アガリコサワラ・・・、何? 何語?」と聞いてしまった。

 

サワラの木を「あがりこ」にしたもので、

松川村の馬羅尾(ばろお)高原(国有林)にあるという、

ちょっと神秘的でカッコイイ形をした樹木なのだ。

 

「あがりこ」というのは、

約100年前まで行われてた、主幹を側枝の上部で伐採することで、

側枝の生長を促し、

あらたな主幹として生長させる独特の育成・利用方法らしい。

(松川村 松川村観光協会発行のチラシより)。

「なぜ、人の手を入れて、わざわざこんなことをする必要があったのか」という疑問が出てくる。

松川村発行のチラシによると、

なんのためにこんなことをしたのか、何に使用したのか等の資料はなく、

お年寄りの方々に聞いてもわからないそうだ。

そんなところも、神秘性を駆り立てる。

 

このあがりこサワラを撮影できる場所は、

有明山登山口の車止めから10分ほど歩いたところ。

それほど歩いて大変なところではないのだが、

この時期は長野県 のあちこちで熊が出没したニュースが流れてたため

(なんと長野駅のホームにも出没したそうだ)、

YONEさんも人並みに恐怖感を覚え、

大声でしゃべりながら歩いたんだそう。